看護師長の役割ってなに?

看護師のトップに立っている看護師長、何となく看護師を束ねてる仕事かな?
というイメージしかないと思います。
実際に看護師長がどのような役割を担っているのか見てみましょう。

看護師長は全ての看護師が正しく業務を遂行するために、あらゆる面で
指導する責任を持っています。
具体的には、それぞれの看護師が機能するための組織を決めるて、
組織単位に目標を立てます。
また、人事や新人看護師の採用に関しても直接関与するのが看護師長です。

看護師は激務で過酷な環境で仕事をしているので、看護師たちをバックアップ
することも看護師長の役割です。
しっかりと看護師たちとコミュニケーションをとって、問題点がないかなどを
把握し改善処置をとって行きます。
加えて看護師が業務上で困惑することがあったり、緊急事態などに的確に
対処できるように率先して指示を出し統率して業務遂行に当たります。

看護師長には様々な適正が求められますので、看護師として長く勤務すれば
自動的に看護師長になれるわけではありません。
問題に対して冷静で的確な判断ができ、組織を束ねられるような統率力が
求められますから、長く看護師をしているだけでは務まりません。
当然、看護師としての抱負な経験は必要になりますが、それ以外に人間関係を
円滑に保つことが出来るコミュニケーション能力も重要です。

看護師長がいなければ病院は機能しなくなります。
看護師各自の能力が高くても、それを統率し上手く機能させるためには
看護師長が必要なのです。