看護師として一人前になると、新人看護師の教育係として任命されることがあります。
これは看護師であれば誰でも通過する仕事であり、役割と言えるでしょう。
新人看護師の教育係ともなれば、自分の仕事はもちろん新人看護師の仕事も
管理指導することになるので、忙しさは膨大になります。

そして一番問題なのは、新人看護師に仕事を任せることへの恐怖感です。
自分も新人看護師だった経験があるからこその感情ですが、新人看護師は
看護学校を卒業してきたとしても実務としては殆ど使えない人材に当たります。

しかし仕事を任せないといつまでたっても覚えませんし、教育係としての
自分の評価もマイナスになってしまいます。
何が一番怖いかというと、ミスをして患者からのクレームを処理することです。
部下のミスは上司のミス、当然患者へはしっかりとした対応をしなければなりません。
場合によっては謝罪することもあるでしょう。

任せたくない、でも任せないとこっちも手が回らない。
このジレンマを抱えることが、新人看護師の教育係として最大のストレスになります。
この問題を根本から解決する方法はありません。
しかし何も対策をしなければトラブルは頻発してしまうでしょうから、
分からないことは直ぐに質問する、常にメモを取る、自分で判断しない、
ミスしたら隠さず報告することを徹底させましょう。

人間ですからどんな仕事でも新人のうちは使い物にならないものです。
かといって放置して何もさせないと直ぐに辞めてしまいます。
ミスやトラブルが一定数発生するのは仕方がない事として、トラブルに直面した場合に
上手く処理することを考えるべきでしょう。
教育とは全て上手く捌くようにするのではなく、問題が起こったときに
適切な処置をとれるかどうかにかかっています。

仕事を覚えるのは時間が解決してくれることを身を持って知っているはずですから、
自分が新人看護師だったころにしてもらって嬉しかったこと、
もっとしてほしかったことを今の新人看護師にしてあげることが重要ではないでしょうか。