激務な仕事の大乗とまで言われるのが看護師ですが、忙しいなりにも
手抜きをするポイントはいくつもあるようです。
新人看護師のように仕事を始めたばかりの人は、仕事をこなすことに忙殺され
効率よく仕事をすることまで頭が回りません。

ですがデキる看護師になればなるほど、悪く言えば要所で手を抜いています。
手を抜いても問題が無いレベルで上手に手抜きしているからこそ、
忙しい看護師という仕事であっても回すことができているのです。

新人のうちはとにかくミスをせずに仕事をしていくことで精一杯なので、
手を抜くなんて考える余地はないでしょう。
また、効率的に手を抜くことを覚えられない人は、何年看護師をしても
常に忙しい状態が続くので目の前の仕事をすることに追われてしまいます。

手抜きというと仕事をしていないと思うかも知れませんが、
そうではなく無駄な事を省いたり、作業の順番を変えて効率化するので、
仕事そのものは正しく結果を出すことができているのです。

そうでもしないと看護師として正しいサービスとクオリティを保ち続けることは、
難しいのは間違いありません。
常に全力で、常に手を抜くことなく、そんな看護をしていると体が持ちませんし、
ちょっとしたことでミスをしてしまうリスクの方が高くなります。

自分を追い込んだからと言って、ミスが少なくなるわけではありませんし
看護師としてもスキルが高まるわけではないのです。

カテゴリ