看護師がなりやすい病気(職業病)

看護師という職業柄、なりやすい病気がいくつかあります。
まず、看護師は人間関係が非常に重要な職業であることと、激務であること、
ミスが許されないことなどが前提となります。

肉体的・精神的負担が増加すると「うつ病」になります。
看護師は医師、看護師、患者、その他の医療関係者との人間関係を円滑に
こなさなければなりません。
誰でも馬の合わない人がいるのと同じで、看護師も表面上は穏やかにしていても
内心では合わないなという人がいます。
それでも仕事をしないわけにはいきませんので、ストレスになります。
そこに残業や夜勤などの激務が加わることで、うつ症状は悪化していきます。
出来る限りストレスをためない、相談先を見つけて悩み事を解消するなど
対策を取ることで解消することが可能です。

次に看護師は常に立ち仕事であることから、腰痛を患う人が多い職業です。
重い荷物を運ぶことがありますので、腰にかかる負担は一般職よりも多いと言えます。
中でも患者へのケアで身体を拭いたり、入浴補助をするのも腰には大きな負担となります。
歩けない患者さんを車椅子に乗せたり、その逆でベッドに寝かせたりするのも
家族の補助がないと相当な負担となります。

このように精神的、肉体的な両面での負担が発生するので、日々のケアが重要です。
まだ大丈夫だと思っていると、ある日突然動けなくなったりしますので油断してはいけません。
特に新人看護師は、あらかじめ予防法を確認しておき無理をしないようにしましょう。