看護師は患者から様々な話を聞くことになります。
当然、病気についての症状は最も大事で、看護師は患者から得られる情報を
医師へ進言することもあります。
話の内容は世間話になることもあるでしょうし、プライベートな内容になることもあります。

しかし看護師と言えども、患者のプライベートに立ち入っていいわけはありません。
患者が話をすることで気分が紛れるのであれば、軽く話を聞くことはあるでしょうが
あくまでも話を聞くだけであってプライベートなアドバイスなどは行いません。

看護師の仕事はプライベートに立ち入ることではなく、患者の看護をすることです。
病気の治療そのものが極めてプライベートな情報となりますので、
その点の扱いが非常に慎重になるのはもちろんです。

だからこそ親身になって色んな話を聞くことはあっても、軽々にアドバイスなどはしません。
それに下手にアドバイスなどをして頼られてしまうと、患者間での問題にもなりかねず
予期せぬトラブルに発展してしまうリスクがあります。

逆に患者としても看護師に過度に依存するのはよくありません。
病気のことで相談するのは問題ありませんが、踏み込んだ話をするのは避けましょう。
それで看護師が距離を取ってしまっても、それは一線を超えないようにしているのであって
看護師として当然の振る舞いなのです。
看護師は何でも屋ではありません、執事でもメイドでもないのです。

カテゴリ